感動の風景

Welcome to my blog

紀ノ川河川敷の朝景-No2

紀ノ川朝景ーNo2です。1枚目は8月24日の撮映分です。
紀ノ川水面ぎりぎりにカメラを据えて、雲の合間から顔を出した日の出に照らされた水面の不思議な光景を撮ってみました。
カメラはNikon 1 V2の小型ミラーレスです。時間は日の出後15分頃の5時40分です。

2枚目は9月1日6時頃の紀ノ川大堰をバックにした日の出で赤く染まった風景。
日の出で赤く染まった風景は本当に感動します!丁度山で御来光を拝む感じです。
山での御来光は誰が見ても、自然に合掌したくなります、その気持ちは川から昇る日の出にも通じていますね!

3枚目は8月27日5時30分頃で、紀ノ川川岸ありますね!から紀ノ國大橋上部の雲間からお日様が顔を出し、雲間が黄金色に輝き見事でした。それで前景に何時かの台風にでも流されて来た大木が横たわってる物を対照的に入れて撮ってみました。
自然が作ってくれる風景は何か物語がありますね!

2020.08.27 05:32 紀ノ川河川敷 V2 VR10-30(30) f:16(-0.3) S:1/60 ISO:200 WB:オート DSC_1183

2020.09.01 06:01 紀ノ川河川敷 Z6 24-70(70) f:16(-0.7) S:1/3200 ISO:2000 WB:オート DSC_1749

2020.08.24 05:42 紀ノ川河川敷 V2 VR10-30(30) f:16(-1.0) S:1/80 ISO:200 WB:オート DSC_0962

紀ノ川河川敷の朝景

紀ノ川河川敷サイクリングロードからの朝景を、これからシリーズで紹介させて戴きます。
今日の写真は、私が河川敷のウオーキングを開始した最初の写真です。
撮影日は8月12日の朝5時50分頃のもので、朝日に輝く「紀ノ國大橋」方面で全体が黄金色に
染まり大変感動しました!!
カメラは小さなNIKON 1 V2 ですがとても綺麗に撮れ携帯に便利、そして全紙まで伸ばしても全く
問題ありません。あっ!Nikonの宣伝ではありません。

2020.08.12 05:47 紀ノ川河川敷 V2 VR10-30(21.9) f:11(-0.3) S:1/100 ISO:200 WB:オート DSC_0796

2枚目も同日、同時間に撮映した、1枚目と反対側(東)の遠景に紀州富士 龍門山からの日の出赤く染まった景色です。
これも感動して撮りました。こんな風景を見れるのでこの日から毎日カメラ持参のウオーキングです。
次回をお楽しみに!

2020.08.12 05:56 紀ノ川河川敷 V2 VR10-30(30) f:11(-0.3) S:1/640 ISO:160 WB:オート DSC_0804

紀ノ川河川敷路傍の花-3

3枚目です

紀ノ川河川敷路傍の花3

紀ノ川河川敷路傍の花-2

二枚目です。

紀ノ川河川敷路傍の花

紀ノ川河川敷路傍の花

毎日早朝に紀ノ川河川敷(往復約5km)をカメラ持参でウオーキング中、カメラに納めた写真を紹介します。
先ずは路傍の花です。綺麗な花でビックリします。飾ってみたい程ですが、やはり野に咲いていて綺麗なのでしょう!
そして夜明け間もない新鮮な空気の中で咲いているせいかな?
皆さんも如何ですか?

紀ノ川河川敷路傍の花

ペルセウス座流星群-1

久しぶりに投稿します。やっと涼しくなり、秋がやって来たようです。
今回は7月12日に生石高原で撮映しました、ペルセウス座流星群です。
やっと3枚の写真に流星が写っていました。ちょっと軌跡が細いのが残念でした。
この日は頂上は超満員の観察者でビックリ!!
若いカップルと親子ずれが多く、皆さんひっくり返って見て居ました。
きっと朝までおられたのでしょう。朝の2~3時頃が一番飛ぶようです。
私は21時~24時頃までで帰りましたからほとんど飛んでくれませんでした。
辛抱が足りませんね!来年は朝まで待つことが出来るかな?

ペルセウス座流星群-1

ペルセウス座流星群-2

2枚目は、観察者の人物を下部に少し入れてカップルの楽しいそうな後ろ姿と
流星ですが、このカップルに流星が見えたのかなー?
左側の大きな星は木星でそのやや後ろの星は土星です。
木星がこんなに大きく見えるとは思いませんでした。最初は金星かな?と
思ったのですが、こんな時間にあるはずがありません。この時間にはもう西の空に
沈んでいますね。
猛暑の夏でも、ここは涼しい真夏の夜空でした。

ペルセウス座流星群-2

大滝

護摩山を撮影後、野迫川の荒神社方面に行ってみたが、霧は無く残念。
それで帰り道の大滝に寄る、先週までの雨で水量が多く、豪快に見えたので
折角だから数枚撮って見る。
シャッター速度に注意して、滝の上流も入れ緑の木の葉と対象に撮って見ました。
水量の多い大滝は迫力もあっていいですね!

大滝

霧の中に消える登山道

護摩山駐車場に着くと、東側の大峰山系を見るも、あまり風景としては単純。
それで、護摩山登山道に向かうと何と、登山道の奥深くが霧の中に消えてる姿、
これは「いける!」数枚シャッターを切りました。
大体イメージ通りに撮れたかな?
矢張り霧に濡れた木々、道と感じが良いですね。

霧の中に消える登山道

霧のブナ林ー1

ブナ林にたどり着く。
思った通りの風景、興奮!!
手前にブナを両端にして、奧の楓やブナ、その他落葉樹の林を薄い霧の中に入れて奥行きを出して見ました。
唯、この撮映中、小さなブトに射されながら、慌てて帽子の虫除け網を下ろしてやっと安心。
最初から網をかぶってれば良かったのにと反省。それでも数日耳に刺された後が痒くて仕方有りませんでした!

霧のブナ林1